鬼ノ城(きのじょう)のパワースポット情報【岡山県】

歴史書の類にも一切記されていないという山城。
不思議な現象が数多く報告されているパワースポット。

鬼城山の山頂に佇む鬼ノ城は、7世紀頃のものと推定されていている遺跡です。訪れると勇気をもらえたり、事業に成功する人もいる一方で、空に向かってオレンジ色の閃光が放射されていたという報告や、上空をUFOらしき物が飛んでいたなどといった不思議な噂もある不思議なパワースポットです。
日本百名城に選ばれているにも関わらず、その成り立ちは明らかになっておらず、歴史的な観点からもミステリーに包まれた城とのことです。諸説は色々ありますが、663年に勃発した白村江の戦いで日本・百済連合軍が敗れたことで、唐と新羅連合軍の襲来に備えて建てられたという説があります。この時期には、百済からの亡命貴族と協力して、日本のいたるところに朝鮮式の山城が築かれました。また、温羅伝説というものでは、大和朝廷に対抗した温羅が鬼ノ城を築城したという説もあります。温羅は、百済の皇子と言われていることから、こちらも朝鮮系の系譜を持っていることになります。
当サイトではミステリー系としてまとめていますが、目の前に田園地帯が開け、とても気持ちのよいハイキングを体験できます。思わずUFOも惹き付けてしまうほど、実力派のパワースポットなのかもしれません。桃太郎説話や「温羅(うら)伝説」の舞台として、古くから親しまれ、これまでにも、パワスポファン以外にも多くの方が訪れているそうです。

パワースポット 鬼ノ城の地図


より大きな地図で パワースポットガイド.com を表示

パワースポット鬼ノ城のDATA集

住所 〒719-1101 岡山県総社市奥坂
TEL 0866-99-8566(鬼城山ビジターセンター)
ホームページ 総社市ホームページ「>>総社市 – 鬼ノ城
最寄り駅 JR伯備線「総社駅」
アクセス 【公共交通】JR伯備線「総社駅」からタクシーで25分、鬼城山ビジターセンター下車、徒歩10分
【自動車】岡山自動車道「岡山総社IC」から20分
駐車場 あり(無料:70台)
主な御利益 不思議なパワー/勇気/気力充実
オススメしている有名人 (情報募集中)
略史 諸説さまざまの由来
1971年(昭和46年)…城壁の基礎となる列石が見つかり、古代山城と認識された
1986年(昭和61年)3月25日…国の史跡に指定。指定名称は「鬼城山(きのじょうざん)」
1999年(平成11年)…発掘調査と自然保護との調整が問題となった
2001年(平成13年)より…総社市教育委員会により史跡整備が始まる
2006年(平成18年)4月6日…日本100名城(69番)に選定
2006年(平成18年)…岡山県教育委員会による7か年計画の城内確認調査が開始

「鬼ノ城」youtube

岡山県のパワースポット 掲載地一覧

→吉備津神社 →鬼ノ城 →由加山蓮台寺 →王子ヶ岳 →岩井滝

 

Comments are closed.