上野恩賜公園は東京都のパワースポット(関東のパワースポット、都内のパワースポット)です。公園全体が江戸の町を守ってきた存在。不忍池や弁天堂など、パワースポットポイントも盛りだくさん。
パワースポットの地図、パワースポットの行き方、パワースポットの口コミ情報などパワースポット総合情報ポータルサイト「パワースポットガイド.com」

上野恩賜公園/東京都のパワースポット(関東のパワースポット、都内のパワースポット、首都圏のパワースポット)

HOME > 都道府県別パワースポット一覧 > 東京都のパワースポット > 上野恩賜公園

現在、さらに見やすく分かりやすいホームページにするために、パワースポット情報を移行中です。旧ページから新ページにリンクで移動する箇所が点々とあります。ご不便をおかけしますが、内容自体は増やし続けていますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

上野恩賜公園のパワースポット情報

膨大なエネルギーを持つスポットが集結。まさに気のサミット☆

江戸の町を防御してきたパワースポットを訪れる

関東のパワースポット、東京のパワースポット、上野恩賜公園の写真▲不忍池と弁天堂敷地内に、弁天堂や花園稲荷神社、穴稲荷、不忍池など、強いパワースポットが集積している上野恩賜公園。それぞれのスポットを個別に掲載するのか、上野公園をひとつのものとして掲載するのか迷いましたが、1ポイントとして掲載することにしました。
その理由は、風水を基につくられてきた江戸の町の鬼門にあたり、「悪い気の流れを防ぐようにつくられた広大なエリア=風水装置」という観点からです。先にも書いたように、もちろん、個々のパワースポットも大変強い気を発しています。

上野公園は、東京の中でも超が付くほどのメジャー観光スポットのひとつ。外国人観光客の間でも、その名はとても有名です。もともと、この地は徳川将軍に三代も使えた大僧正「天海」によって造営されました。その造営の理由は、江戸城の鬼門にあたるこの場所に、聖域を設け、江戸の鬼門を塞ぐこと。1000年栄えた京都をモチーフに、風水の配置に従って造られたとのことです。

京都と江戸(上野)の対比がおもしろいので、表組にして整理してみました。

四神 青龍 白虎 朱雀 玄武 鬼門 裏鬼門
平安京 鴨川 山陰道

巨椋池

(おぐらいけ)

船岡山 比叡山延暦寺

城南宮

石清水八幡宮

江戸

江戸城      

平川 甲州街道

江戸湾

(現在の東京湾)

麹町台地

上野山

寛永寺

神田明神

増上寺

日吉山王社(日枝神社)


この考え方は『四神相応』と言われ、中国神話に登場する、世界の四方向を守る聖獣の伝説に従った考え方です。ことです。東の青龍、南の朱雀、西の白虎、北の玄武といい、それぞれ川、海、道、山などに対応し、この法則に合致する場所は、風水で理想的な地形配置とされています。

長くなりましたが、つまりは、上野神社は計算され尽くされたパワースポットとも考えることができ、そのご利益は開運、浄化、縁結び、商売繁盛など多岐に渡ります。そして、各場所ごとに、その大きさが異なっていると考えるのがよいでしょう。

上野公園内に点在する各有名パワースポットの概要

花園稲荷神社(穴稲荷神社)

大変大きな気に溢れたパワースポットです。中には「あまりに強すぎて…」というブログも散見できるほど。縁結び・夫婦和合・子授け・商売繁盛などのご利益があるとのことです。
ご祭神は倉稲魂命(うがのみたまのみこと=豊受姫命:とようけひめのみこと)。正式名称は忍岡稲荷(しのぶがおかいなり)で石窟の上にあった事から穴稲荷ともいわれ、明治6年に花園稲荷と改名。祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子で、伊勢神宮・外宮の神様です。
左奥の社は、上野・寛永寺建立時、忍岡の狐の居場所として洞を造り、祀ったという社で、医薬神である五條天神社と同じ境内にあります。幕末、彰義隊の穴稲荷門の戦の場所としても有名です。
穴稲荷については、花園稲荷神社に案内看板あり、歴史が載っていました。

穴稲荷
正しくは忍岡稲荷と云い花園稲荷の旧跡である。左奥のお社は、寛永の初め天海が寛永寺を草創の際に忍ヶ岡の狐の住みかを失った事をあわれみ一洞を作りその上に祠を建てて祀ったものと云われている。

同様に彰義隊についての看板もありましたので、書き写します。

彰義隊の墓
十五代将軍徳川慶喜の一橋藩主時代の側近家来であった小川興郷(おがわおきさと)らは、慶応四年(一八六八年)、大政奉還をして上野寛永寺に蟄居(ちっきょ)した慶喜の助命嘆願のために同士をつのった。そこには徳川政権を支持する各藩士をはじめ、新政府への不満武士、変革期に世に出ようとする人々が集まり、「彰義隊」と名乗り、やがて上野の山を拠点として新政府軍と対峙した。旧暦五月十五日の上野戦争は、武力に勝る新政府軍が半日で彰義隊を壊滅させた。
生き残った小川ら隊士は、明治七年(一八七四年)にようやく新政府の許可を得て、激戦地であり隊士の火葬場となった当地に彰義隊戦士の墓を建立した。なお、遺骨の一部は南千住円通寺内に合葬されている。以後、百二十年余りに渡り、小川一族によって墓所が守られてきた。現在、歴史的記念碑としてその管理は東京都に移されている。 (案内看板より)

寛永寺不忍池弁天堂

上野公園南側にある不忍池(しのばずのいけ)の中之島に、天海大僧正が琵琶湖の竹生島の宝厳寺の弁才天を勧請して建立したのが、寛永寺不忍池弁天堂。祀られているのは、七福神の一人、弁財天です。「福・徳・智恵・財宝」を与えてくれる神様として長く信仰されています。

ここ、寛永寺不忍池弁天堂は、金運以外にも寿命増益や福徳円満を司り、音楽や芸能にもご利益あるそうです。特に、9月16日に開催される「巳成金大祭」では、この日限定の福財布や小判のお守りが購入できるとのこと。そして、この日が一年間で最も金運が上がる日とされ、終日大変な賑わいをみせるということです。

パワースポット 上野恩賜公園の地図


LinkIcon登録パワースポットを全画面で見る(googlemapサイト)

※一部ブラウザで地図でなく広告枠が表示される不具合が報告されています。地図をご覧になりたい場合は、お手数ですが、上記「全画面で見る」のテキストリンクをクリックしてください。

パワースポット 上野恩賜公園のDATA集

住所
〒110-0007 東京都台東区上野公園・池之端三丁目
TEL
03-3828-5644(上野恩賜公園管理事務所)
ホームページ
公式ホームページ「LinkIcon上野恩賜公園公式ホームページ
最寄り駅
各線「上野駅」
大江戸線「上野御徒町駅」
アクセス
JR・地下鉄銀座線・日比谷線「上野駅」下車徒歩2分
大江戸線「上野御徒町駅」下車徒歩5分
京成線「京成上野駅」下車徒歩1分
駐車場
あり(有料)
民間駐車場が周辺に多数あり
花園稲荷神社の祭神
倉稲魂命(うがのみたまのみ こと)
主な御利益
開運/縁結び・子宝・安産/商売繁盛/癒し/浄化、など多数
オススメしている有名人
テレビ朝日系列「朝だ!生です旅サラダ」の「 元気な散歩道」コーナーにて紹介される(2010/06/26)
略史
寛永二年(1625年)…三代将軍徳川家光の命により天海僧正によって建立される
慶応四年(1868年)五月十五日…戊申戦争で官軍大村益二郎の指揮のもとの上野寛永寺に立てこもる彰義隊を総攻撃し夕刻敗退させた ※のちに『上野戦争』と称される。
明治維新以降…上野の山一帯は焼け野原となり放置された
明治元年12月…東京府に管理を移管
明治2年春…市民に開放
明治6年5月24日…東京府公園開設に着手
明治6年10月19日…開園した。
明治7年3月…袴腰上の黒門、新黒門を開放し上野山下通りと連絡
明治7年7月…不忍池周辺5万5千坪が公園に編入
明治7年10月…公園内に散在する寛永寺子院を谷中の代替え地に移転を命ぜられる
明治9年1月…所管が内務省博物局にうつり園内の掛茶屋を撤去し改修整備
明治9年5月8日…明治天皇の行幸を賜り開業式が執り行なわれた
明治10年8月21日~11月31日…「第一回内国勧業博覧会」を開催
明治15年…帝室御用地に指定宮内庁管轄となる
大正13年…昭和天皇の婚儀の慶事記念として東京府に払い下げられた ※恩賜公園の云われ

「上野恩賜公園 パワースポット」youtube





東京都のパワースポット 掲載地一覧

50音順

LinkIcon今戸神社LinkIcon上野恩賜公園LinkIcon大國魂神社 首かけイチョウの木 LinkIcon高尾山
LinkIcon高尾山薬王院有喜寺 LinkIcon東京大神宮LinkIcon明治神宮・清正井

今後の掲載予定:神田大明神 鬼子母神 水天宮 湯島天神

パワースポットの投稿やパワスポのレポートなどはこちらパワースポットの投稿やパワスポのレポートなどはこちら


更新情報

※2012年4月〜/リニューアルを前提として、パワースポットの情報をデータベース「LinkIcon日本のパワースポットリスト(当URL内での引越)」に移動or新設中です。ご不便をお掛けしますが、さらなる見やすさと情報量アップを目指しております。乞うご期待ください☆

2012.03.01
2012.02.28
2012.02.28
2012.02.27
2012.02.13

今日もみなさまに素晴らしい幸せが訪れますように。