沖縄県のパワースポット首里城(しゅりじょう)は、琉球のパワースポットです。世界遺産にも登録されている琉球王国を代表するパワスポです。
パワースポットの地図、パワースポットの行き方、パワースポットの口コミ情報などパワースポット総合情報ポータルサイト「パワースポットガイド.com」

首里城/沖縄県のパワースポット(世界遺産のパワスポ)

HOME > 都道府県別パワースポット一覧 > 沖縄県のパワースポット > 首里城

現在、さらに見やすく分かりやすいホームページにするために、パワースポット情報を移行中です。旧ページから新ページにリンクで移動する箇所が点々とあります。ご不便をおかけしますが、内容自体は増やし続けていますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

首里城のパワースポット情報

日本と中国の建築様式を取り入れた、琉球を代表する建造物

風水によって導かれた場所に建てられたと言われるパワースポットを訪れる

世界遺産になり、いまも多くの観光客がやってくる首里城は、沖縄最大級のパワースポットとしても名を馳せています。その理由は、その城内に十か所の御嶽が存在することから。御嶽とは儀式を執り行う場所…つまり聖地を意味する言葉で、首里城内だけで、なんと十ヶ所も存在しています。琉球文化最大級の聖域とされる理由は、御嶽の多さが由来です。
また、首里城内郭の南側の大きな範囲を「京の内(けおのうち)」と呼ばれる聖域が占めていたことも、強力なパワースポットとして知られる理由として挙げられます。「京の内」はもともと十か所の御嶽のうちの数か所と森や岩が点在するだけの場所だったそうなのですが、この森こそが首里城発祥の地だとされており、起源であることから、首里城を国家の聖地たらしめている重要な場所だとされています。
かつては聞得大君をはじめとする神女たちが京の内で祭祀を行っていたとの言い伝えが残っているそうですが、その祭祀の内容やはっきりとした京の内の内部の様子はいまだによくわかっていないとの事。沖縄の聖地である御嶽に強力なエネルギーが満ちていることは、多くの権力者たちが危険を冒してまで足を運んだという歴史的な事実以外にも、実際にその場所を訪れた多くの方々も感じていると聞きます。沖縄のパワースポットを訪れる際には、外すことのできない場所であると言えるのではないでしょうか。
首里城の一部は有料となっています。首里城の復元によって無断での立ち入りが禁じられるようになり、拝所としての首里城は破壊されてしまったという声が一部には聞かれるそうですが、ほんのつい最近まで、ここはただの遺跡ではなく、実際に信仰の場所として女性が礼拝する姿もよく見られたそうです。無断での立ち入りが禁じられてからも多くの人々を引き付ける強力なパワースポット、首里城。訪れる際には、パワスポファンとしてのマナーはもちろん、現在もその場所を信仰の対象として祈りを捧げている人の存在を頭に留めておきたいところです。
そして、しっかりと首里城でお願いごとをした後は、沖縄ならではの旅があなたを待っています。目指せ、幸せな沖縄旅行!

パワースポット 首里城の地図


LinkIcon登録パワースポットを全画面で見る(googlemapサイト)

※一部ブラウザで地図でなく広告枠が表示される不具合が報告されています。地図をご覧になりたい場合は、お手数ですが、上記「全画面で見る」のテキストリンクをクリックしてください。

パワースポット 首里城のDATA集

住所
〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町1-2
TEL
098-886-2020(首里城公園管理センター)
ホームページ
公式ホームページ「LinkIcon首里城公園
最寄り駅
ゆいレール「首里駅」
アクセス
公共交通…ゆいレール「首里駅」から8番系統の路線バスで3分、バス停「首里城前」下車、徒歩1分
自動車…那覇空港から国道58号、県道29号を10km、約1時間
駐車場
あり(有料)
主な御利益
気力充実
オススメしている有名人
江原啓之さん
東京フレンドパークII(TBS)2010/11/15(Mon)19:00〜で紹介
ほか
略史
首里城の創建年代は不明。
享徳二年(1453年)…第一尚氏の尚金福王の死去後に発生した王位争い(志魯・布里の乱)で城内が破壊される。
万治三年(1660年)…二度目の消失
宝永六年(1709年)…三度目の火災が起き正殿・北殿・南殿などが焼失。
昭和三年(1928年)〜昭和八(年1933年)…正殿の改修工事が行われ、国宝に指定。
昭和二十年(1945年)5月25日〜28日…三日間に渡りアメリカ軍艦ミシシッピなどから砲撃を受け、27日に焼失したとされる。
戦後…首里城跡に琉球大学が置かれる。
昭和三十三年(1958年)…守礼門が再建。円覚寺門など周辺の建築から再建も始まる。
昭和四十七年(1972年)…日本復帰後に国の史跡に指定(1972年5月15日指定)城の入り口に当たる歓会門と周囲の城郭が再建。
昭和五十四年(1979年)…琉球大学が首里城跡から移転。本格的な復元が始まる。
平成元年(1989年)…正殿他の再建が始まる。
平成四年(1992年)11月3日…正殿を中心とする建築物群、そこへ至る門の数々と城郭が再建。首里城公園が開園。
平成十二年(2000年)…「首里城跡」(しゅりじょうあと)として他のグスクなどとともに「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の名称で世界遺産に登録される。
平成十八年(2006年)4月6日…日本100名城(100番)に選定。

「首里城 パワースポット」youtube



沖縄県のパワースポット 掲載地一覧

50音順

LinkIconガンガラーの谷LinkIcon久高島LinkIcon首里城LinkIcon斎場御嶽(せーふぁうたき) LinkIconマリュドゥの滝

今後の掲載予定:内金城獄 大石林山 安須森御嶽

パワースポットの投稿やパワスポのレポートなどはこちらパワースポットの投稿やパワスポのレポートなどはこちら


更新情報

※2012年4月〜/リニューアルを前提として、パワースポットの情報をデータベース「LinkIcon日本のパワースポットリスト(当URL内での引越)」に移動or新設中です。ご不便をお掛けしますが、さらなる見やすさと情報量アップを目指しております。乞うご期待ください☆

2012.03.01
2012.02.28
2012.02.28
2012.02.27
2012.02.13

今日もみなさまに素晴らしい幸せが訪れますように。