久高島は、沖縄県のパワースポット(琉球のパワースポット)です。琉球の創世神アマミキヨが降臨したと言われる強くやさしい沖縄県のパワスポです。
パワースポットの地図、パワースポットの行き方、パワースポットの口コミ情報などパワースポット総合情報ポータルサイト「パワースポットガイド.com」

久高島/沖縄県のパワースポット

HOME > 都道府県別パワースポット一覧 > 沖縄県のパワースポット > 久高島

現在、さらに見やすく分かりやすいホームページにするために、パワースポット情報を移行中です。旧ページから新ページにリンクで移動する箇所が点々とあります。ご不便をおかけしますが、内容自体は増やし続けていますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

久高島のパワースポット情報

沖縄本島の南東に位置し、今も神の島として大切に守られている久高島

琉球の創世神が降臨し五穀が伝わったと言われているパワースポットを訪れる

北東から南西方向にかけて細長く、最高地点がわずか17mという平坦な島であるパワースポット「久高島」。琉球開闢神話では、アマミキヨが降り立った地とされ、五穀発祥の地とされています。島内には、御嶽(うたき)、拝み所(うがんしょ)、殿(とぅん)、井(かー)など、いくつもの聖地が散在しています。その中でも島中央部にある「クボー御嶽」は久高島第一の聖域とされており、大きなパワーが発されていますが、男子禁制とのことです。このような場所は久高島に点在しています。
久高島は観光開発といった事業がほとんど全くと言っていいほどされておらず、昔ながらの集落が静かな雰囲気を残しており、訪れる人々を迎え入れるための「整備」というものがなされていません。当然のことながら、上記の琉球の聖地についての標識もほとんど存在しません。
島内に散在するパワースポットである聖地を巡るには、詳細な地図をあたるか、地元の人に聞かないと難しいとのこと。その中には、上記に記載した「男子禁制パワースポット」も存在していますので、事前に地元の方々に確認をしておくことをオススメします。パワスポファンとしての自覚も問われます。
また、久高島には昔から続く祭祀組織が現在も強く残っており、一年の内に数多くの祭りが行われていて、「今も神が生きる島」としても知られています。久高島を訪れる際には、パワースポットである聖地めぐりもさることながら、事前にこの祭りの下調べをして、「今も神が生きる島」を感じられる祭りを訪れてみるのも良いのではないでしょうか。

パワースポット 久高島の地図


LinkIcon登録パワースポットを全画面で見る(googlemapサイト)

※一部ブラウザで地図でなく広告枠が表示される不具合が報告されています。地図をご覧になりたい場合は、お手数ですが、上記「全画面で見る」のテキストリンクをクリックしてください。

パワースポット 久高島のDATA集

住所
〒901-1501 沖縄県南城市知念久高
TEL
098-947-1100(南城市観光文化振興課)
ホームページ
久高島振興会ホームページ「LinkIcon久高島ホームページ [ch0]
最寄り駅
なし(徳仁港)
アクセス
公共交通…ゆいレール「旭橋駅」から徒歩3分の那覇バスターミナルから38番系統の路線バス志喜屋線で1時間、バス停「安座真サンサンビーチ」下車、徒歩5分の「安座真港」から久高海運高速船に乗り換え15分、またはフェリーくだかで20分、「徳仁港」下船
駐車場主な御利益
癒し/聖地
オススメしている有名人
江原啓之さん
伝承ほか、多数
略史
琉球王国時代には国王が聞得大君を伴って島に渡り礼拝を行っていた。
後に斎場御嶽から久高島を遙拝する形に変わる。
延宝元年(1673年)ノ国王代理の役人が遙拝を務めるようになる。

「久高島 パワースポット」youtube



沖縄県のパワースポット 掲載地一覧

50音順

LinkIconガンガラーの谷LinkIcon久高島LinkIcon首里城LinkIcon斎場御嶽(せーふぁうたき) LinkIconマリュドゥの滝

今後の掲載予定:内金城獄 大石林山 安須森御嶽

パワースポットの投稿やパワスポのレポートなどはこちらパワースポットの投稿やパワスポのレポートなどはこちら


更新情報

※2012年4月〜/リニューアルを前提として、パワースポットの情報をデータベース「LinkIcon日本のパワースポットリスト(当URL内での引越)」に移動or新設中です。ご不便をお掛けしますが、さらなる見やすさと情報量アップを目指しております。乞うご期待ください☆

2012.03.01
2012.02.28
2012.02.28
2012.02.27
2012.02.13

今日もみなさまに素晴らしい幸せが訪れますように。