大甕神社は茨城県のパワースポット・関東のパワースポット。悪気退散、商売繁盛(仕事運)、家内安全、良縁成就(縁結び、恋愛)などのご利益があると言われています。
パワースポットの地図、パワースポットの行き方、パワースポットの口コミ情報などパワースポット総合情報ポータルサイト「パワースポットガイド.com」

大甕神社/茨城県のパワースポット、関東のパワースポット

HOME > 都道府県別パワースポット一覧 > 茨城県のパワースポット > 大甕神社

現在、さらに見やすく分かりやすいホームページにするために、パワースポット情報を移行中です。旧ページから新ページにリンクで移動する箇所が点々とあります。ご不便をおかけしますが、内容自体は増やし続けていますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

大甕神社のパワースポット情報

武力、知恵の神が悪神を封じ込めた宿魂石の上に建つ本殿。

悪神退治伝説のパワースポットを訪れる

現在レポートを作成中。住所やアクセス、地図、twitterつぶやき検索、youtubeなどはご覧いただけます。

御由緒(転載)
仰大甕の地は当社の御演技に甕星香々背男と称する屈強なる悪神が占拠していた所であったために称する地名であると伝えられております。当地は阿武隈山系の最南端に位置し、東は渺茫たる太平洋に臨み久慈川の河口を天然の良港とした久慈浜の後背地として古くから開かれ、南高野の貝塚・甕の原古墳群など歴史的な遺跡が数多く残っております。また此から海岸道が開かれ、古代における交通の起点として、奥州へ通ずる街道の要衝を占めておりました。
今も大甕山の東端の釜坂、即ち可良麿坂付近には中丸屋敷という所があり、天平の頃、防人として筑紫の国に赴いた倭文部可良麿は、倭文神武葉槌命の末裔として此の地に住んでいたと伝えられております。『万葉集』の巻の二十の防人の歌の中に可良麿の歌がある。
 足柄のみ坂たまはり顧みず吾は越え行く 
  荒し男も立しや憚る不破の関越えて吾は行く
   馬の蹄筑紫の先に留り居りて吾は斉はむ
    諸は幸くとも申す帰り来までに
中世の南北朝の動乱期には、南朝方の北畠顕家に率いられた奥州の軍勢と北朝方に組していた太田の佐竹貞義との間で壮絶な戦いが繰り広げられた。今に伝わる甕の原の戦がそれである。やがて江戸時代に入り陸前浜街道も整備され、奥州の大名の参勤交代をはじめ人々の往来も頻繁になり、社頭の茶店も大変に繁昌したとのことであります。また久慈浜をはじめとする近郷の人々は無論の事、街道を往来する旅人などの参拝者の数も多くなりました。元禄の頃には水戸藩において大日本史の編纂が始まり、当社の由緒の重大なる事が認められることとなり、藩主自らの度々の社参を受けた記録をはじめ、奥州の大名の参勤交代の折には大名の社参並に奉納金を受けた記録などがあります。明治以降は交通機関の発達が著しく、街道筋もさびれてしまいましたが、大正の初期頃までは神社の前に人力車の元締があり、水戸方面から来る人力車の客をここで乗り換えさせて、日立・高萩方面に運んだそうである。現在は境内の中を国道六号線が通るようになり昔に比べると大部変わりはしましたが、子孫に受け継がれてきた鎮守の森は椎の大樹をはじめ数多くの植物が生息し、かつての自然林の面影を残しております。

御祭神の御事(転載)
創祀年代は不詳でありますが、当社の由緒は古く神代にまでもさかのぼることができます。御祭神武葉槌命は神代の昔に皇室の祖先であり、我々日本民族の祖神として伊勢の神宮にお祭りされる天照大御神の御命令により、鹿島神宮の御祭神武甕槌命と供にこの常陸国を平定され、日本民族を一つにまとめあげた日本建国の大功神として仰がれております。その御神威・御神徳につしては、我が国最古の歴史書である『日本書紀』の一節にも見ることができますが、『大甕倭文縁起』には概ね次のように伝えられております。天祖天照大御神が天孫瓊瓊岐尊を豊葦原中津国に降臨させるに当たり、鹿島・香取の二神は葦原中津国の国津神・荒ぶる神々を鎮撫あるいは掃蕩する任を負わされておりました。武神として誉の高い二神は国津神等の国攘り、荒ぶる神々の掃蕩、更には国中の草木石類に至るまで平定いたしましたが、まだ常陸国に悪神がおり、名を天津甕星、またの名を天香々背男といい、大甕山上に陣取り東国地方の陸地はおろか海上にまで一大勢力をもっておりました。さすがの鹿島・香取の神もこの勇猛なる大勢力の前に為す術がありませんでした。その時にこの武神である二神に代って甕星香々背男討伐の大任を負わされたのが、当社の御祭神武葉槌命でありました。
命は武神としてもさることながら、智恵の加味としてことに優れており、(我国において織物を始めとする組織的な産業を最初に起こされた神であります)命の智恵を駆使した巧みな戦略の前に甕星香々背男の一大勢力も敢え無い最後を遂げることになり、その様は今に様々な伝説となり伝えられております。その一つに武葉槌命が大甕山にて甕星香々背男の変じたる巨石を蹴ったところ、その一つは海中に落ちて今に伝わるおんねさま、または神磯と呼ばれる磯になり、あとの石は、石神・石塚・石井に飛んだと伝えられております。また現在の大甕神社の神域を成しております宿魂石は、甕星香々背男の荒魂を封じ込めた石であると伝えられております。斯くて、甕星香々背男の勢力を掃蕩された武葉槌命は、此の大甕の地に留まり命の優れた智恵の産物である製塩の術・織物の術をはじめ、様々な生活の術を常陸地方は無論のこと、東日本の一帯に広められ人々の生活の向上に貢献されたのであります。今に、武葉槌命はおだて山、即ち美しい山と人々から敬愛の念を持って呼ばれる大甕山上に葬られてると伝えられております。

パワースポット 大甕神社の地図


LinkIcon登録パワースポットを全画面で見る(googlemapサイト)

※一部ブラウザで地図でなく広告枠が表示される不具合が報告されています。地図をご覧になりたい場合は、お手数ですが、上記「全画面で見る」のテキストリンクをクリックしてください。

パワースポット大甕神社のDATA集

住所
〒319-1221 茨城県日立市大みか町6丁目16-1
TEL
0294-52-2047(大甕神社)
ホームページ
延喜式神名帳(民間HP)「LinkIcon大甕倭文神社
最寄り駅
JR常磐線「大甕駅」
アクセス
【公共交通】JR常磐線大甕駅下車、徒歩13分
【自動車】常盤道日立南太田ICから約10分
駐車場
あり
祭神
武葉槌命
主な御利益
悪気退散(厄除)
オススメしている有名人
情報募集中
略史
1689年…水戸藩により大甕山上より現在の地、宿魂石上に遷宮。大甕倭文神宮という神宮の号を用いる
1695年…水戸藩により、社殿が造営
1751年…修復工事が行われる
1933年…現在の拝殿が造営
1957年…現在の本殿が造営

「大甕神社」youtube

茨城県のパワースポット 掲載地一覧

50音順

LinkIcon大洗磯前神社LinkIcon大甕神社LinkIcon笠間稲荷神社LinkIcon鹿島神宮LinkIcon要石(鹿島神宮)

今後の掲載予定:息栖神社 筑波山 筑波山神社 一言主神社

パワースポットの投稿やパワスポのレポートなどはこちらパワースポットの投稿やパワスポのレポートなどはこちら


更新情報

※2012年4月〜/リニューアルを前提として、パワースポットの情報をデータベース「LinkIcon日本のパワースポットリスト(当URL内での引越)」に移動or新設中です。ご不便をお掛けしますが、さらなる見やすさと情報量アップを目指しております。乞うご期待ください☆

2012.03.01
2012.02.28
2012.02.28
2012.02.27
2012.02.13

今日もみなさまに素晴らしい幸せが訪れますように。