生石神社は、兵庫県のパワースポット(関西のパワースポット、神戸市のパワースポット)です。日本三奇の一つである石の宝殿として知られ、巨大な石を御神体とする神社です。
パワースポットの地図、パワースポットの行き方、パワースポットの口コミ情報などパワースポット総合情報ポータルサイト「パワースポットガイド.com」

生石神社(おうしこじんじゃ)/兵庫県のパワースポット(関西のパワースポット、神戸のパワースポット、近畿のパワースポット)

HOME > 都道府県別パワースポット一覧 > 兵庫県のパワースポット > 生石神社

現在、さらに見やすく分かりやすいホームページにするために、パワースポット情報を移行中です。旧ページから新ページにリンクで移動する箇所が点々とあります。ご不便をおかけしますが、内容自体は増やし続けていますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

生石神社のパワースポット情報

国土を守る神々の霊が鎮まっていると言われる巨岩が鎮座する神社。

日本三奇の一つに数えられているパワースポットを訪れる

関西のパワースポット、兵庫県のパワースポット、生石神社の写真▲生石神社の御神体この生石神社の御神体である「石の宝殿」と、仙台塩釜神社の「塩釜」・宮崎県霧島神社の「天逆鉾」の三つを合わせて「日本三奇」と呼ばれており、この生石神社がその中では最も有名だと言われています。創建は西暦97年だと伝えられており、ご祭神は大穴牟遅(おおなむち)と少毘古那(すくなひこな)の二柱。勝負事や健康、安産といった御利益を授かることのできる神様として知られています。

そしてこの二人の神様、実は「石の宝殿」の伝説に登場するのです。その伝説について、少し簡単にご紹介いたしましょう。

遥か大昔のこと。大穴牟遅(おおなむち)と少毘古那(すくなひこな)の二神が天津神(あまつかみ)の命を受け、この土地を鎮めるのに相応しい石の宮殿を一夜の内に完成させるべく工事を進めていたところ、途中で阿賀(新潟県東蒲原郡にある町)の神の一行から反乱を受けてしまったそうなのです。最後は鎮圧に成功するものの、そのせいで一夜の内に工事を終える事ができなかった二神は、この石に寵もって永劫にこの土地を鎮めんと言明し、今も生石神社が鎮座する場所で眠っておられるとのことです。

この伝説は生石神社の御由緒として言い伝えられています。訪れた際には、そういった伝説や歴史に少し触れることで、より強力なパワーを得られるようになるかもしれません。

神社本殿の奥には岩山があり、そこへ上がると御神体である石の宝殿を見下ろすことができます。御神体である石の宝殿を上から見下ろすことで、一体いつ、だれが、どのようにして、何のために造ったのかという謎をより強く感じるかもしれません。とにかく謎が多い事で有名な石の宝殿ですが、神様がどっしりと鎮まっておられる静かなパワースポットでもあるのです。

また境内には、宝殿の分岩だと言われている「霊石」という名前の大きな石があり、その「霊石」を力いっぱい押すと神様から力を授かる事ができるらしく、押した手で体の悪い部分に触れると、その部分が健康になると言われています。生石神社に訪れた際には石の宝殿だけではなく、ぜひこちらの「霊石」にも触れてみてくださいね。

パワースポット 生石神社の地図


LinkIcon登録パワースポットを全画面で見る(googlemapサイト)

※一部ブラウザで地図でなく広告枠が表示される不具合が報告されています。地図をご覧になりたい場合は、お手数ですが、上記「全画面で見る」のテキストリンクをクリックしてください。

パワースポット 生石神社のDATA集

住所
〒676-0823 兵庫県高砂市阿弥陀町生石171
TEL
0794-47-1006(生石神社)
ホームページ
公式ホームページ「LinkIcon生石神社
最寄り駅
JR神戸線「宝殿駅」
アクセス
公共交通…JR神戸線『宝殿駅』から徒歩で約25分
自動車…第二神明道路から加古川バイパスに乗り継いで加古川西ランプを降り、西井ノ口交差点を左折、700m走った平津交差点を右折、600m行った島交差点を左折して1.5km
駐車場
あり(無料/100台)
祭神
大穴牟遅命・少毘古那命
合殿
大國主大神、生石子大神、粟嶋大神、高御位大神
主な御利益
必勝祈願/厄除/病気平癒/健康/安産
オススメしている有名人
(情報募集中)
略史
97年…人皇十代崇神天皇に依り創建
141年…當生石神社の分霊として羽後国飽海郡平田村生石(現在山形県酒田市大字生石)より勤請される
天正七年(1579年)…羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が三木城攻路の折、神吉城も落そうとし、「當神社を陣所に貸与せよ」との申し出たのに対し、神吉城主の弟であった時の宮司は、「陣所には貸さぬ」と拒否したために、秀吉の怒に触れて焼き撃に逢う。そのため、神社伝来の全てが一瞬にして灰燼に帰してしまう。
その時焼け残った梵鐘は持去られ、後日、関ヶ原の戦に西軍石田三成の勇将、大谷刑部吉隆が陣鐘として使用したのだが、敗戦の結果徳川家康が戦利品として美濃国赤坂の安楽寺に寄附する。
「敵将ながらも実に惜しむべき武将である」と慨嘆し、朝夕此の鐘を撞いて未来永劫に吉隆及び戦者霊を慰さめよとの事であったと云われて居る。現に大垣市の指定文化財として保存され、鐘の表面には當生石神社名が刻銘さる。

パワースポット生石神社に行った人の声

H.Uさん(神奈川県)
ビックリです!こんなところ初めてでした。普通ならば中央にあるお賽銭やご本尊が左右にあり、その真ん中に通路が。くぐり抜けていくと、水上に石が浮いているかのような御神体が。とても不思議な光景です。超おすすめです☆

「生石神社 パワースポット」youtube



兵庫県のパワースポット 掲載地一覧

50音順

LinkIcon生田神社LinkIcon伊弉諾神宮LinkIcon生石神社LinkIcon書写山圓教寺LinkIcon摩耶山の掬星台

今後の掲載予定:大石神社 原不動滝 湊川神社

パワースポットの投稿やパワスポのレポートなどはこちらパワースポットの投稿やパワスポのレポートなどはこちら


更新情報

※2012年4月〜/リニューアルを前提として、パワースポットの情報をデータベース「LinkIcon日本のパワースポットリスト(当URL内での引越)」に移動or新設中です。ご不便をお掛けしますが、さらなる見やすさと情報量アップを目指しております。乞うご期待ください☆

2012.03.01
2012.02.28
2012.02.28
2012.02.27
2012.02.13

今日もみなさまに素晴らしい幸せが訪れますように。