豊川稲荷妙厳寺は愛知県および中部地方・東海のパワースポット。開運、商売繁盛、家内安全のパワスポです。アクセスや口コミ、御利益などを徹底ガイド。
豊川稲荷妙厳寺。愛知県のパワースポット

愛知県のパワースポット、豊川稲荷妙厳寺

HOME > 都道府県別パワースポット一覧 > 愛知県のパワースポット > 豊川稲荷妙厳寺

現在、さらに見やすく分かりやすいホームページにするために、パワースポット情報を移行中です。旧ページから新ページにリンクで移動する箇所が点々とあります。ご不便をおかけしますが、内容自体は増やし続けていますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

豊川稲荷妙厳寺のパワースポット情報

日本三大稲荷にして、福徳と商売繁盛のパワースポット。

すでに江戸時代から全国的に信仰された伝統的なパワースポットを訪れる

豊川稲荷妙厳寺の奥宮豊川稲荷妙厳寺の奥宮豊川稲荷とみなさんに呼ばれている豊川稲荷妙厳寺は、お参りの前に、まず正式にどのような存在なのか、今一度確認する必要があります。
豊川稲荷妙厳寺の正式名称は「円福山 豊川閣 妙厳寺」。豊川稲荷という略称・愛称からはお稲荷さん、鳥居があることからは神社と思われることが多いそうですが、この正式名称が示すとおり、豊川稲荷妙厳寺はお寺というのが正式な理解となります。お寺というとおり、ご本尊は千手観音で、曹洞宗の寺院として活動されています。
なぜ、鳥居があるのかというのは答えは簡単で、明治時代以前、神仏混合で祀られた神社やお寺が多くあり、1871年(明治4年)の神仏分離令までは、両方が存在したからでした。一度はお寺に戻しますが、戦後に鳥居が復興されたというわけです。
「稲荷」と呼ばれる理由は、鎮守としてお祀りされている荼枳尼天(だきにてん)様への信仰とのことです。お寺に伝わる縁起によると、鎌倉時代の禅僧・寒巌義尹(妙厳寺では法王派の法祖として尊崇)が入宋し、文永4年(1267年)、日本へ船で帰国の途上、吒枳尼天の加護を受けたのがきっかけとなり、この天を護法神として尊崇するようになったということです。この鎮守の枳尼天(だきにてん)様が白い狐に跨っておられることからいつしか「豐川稲荷」が通称として広まったとのことです。

さて、話が難しい方へといきましたが、肝心のパワースポットの紹介と、お参りの仕方を解説します。特に大きなパワーを持つとされているのが「大黒堂」と「霊狐塚」です。何百年も庶民の味方となり、見守り続けてきてくれたありがたい存在。大きくやさしいパワーを受け取りましょう。

大黒天堂

お堂の前に立っている石像は、手に触れて摩することにより福徳を授かると言われています。

霊狐塚

参道の奥に位置する、たくさんの狐様が並ぶ圧巻のパワースポットです。なんと1000体以上おられるとか(お稲荷様と呼ばれても仕方がない気が)。その奥にある霊狐塚が、目指すべき金運パワースポット。大きな岩があるのですが、この岩の隙間には、硬貨があり、それを木の枝などでうまく取り出せるとお金持ちになると言われています。取り出したお金はお守りにして、一年後にお金が儲かっていたら、お礼としてその何倍かの硬貨をこの岩の隙間に隠しにくるとよいといわれています。つまり、取り出そうとする硬貨は、ご利益があった人のお礼の硬貨というわけです。幸せがつながっていく、素晴らしい金運パワースポットといえるでしょう。

豊川稲荷の正式なお参りの仕方
1.手を洗い口をすすぎ衣服を整え姿勢を正します。
2.合掌し「帰命頂礼(又は南無)豊川枳尼眞天( キミョウチョウライ トヨカワダキニシンテン )」と唱えて拝礼し、これを3回繰り返します。
3.「尸羅婆陀尼黎吽娑婆訶(オンシラバッタニリウンソワカ)」と21回(7回でも可)唱えます。
4.願いを込めて黙想・祈念し、これを3回繰り返します。

パワースポット 豊川稲荷妙厳寺の地図


LinkIcon登録パワースポットを全画面で見る(googlemapサイト)

※一部ブラウザで地図でなく広告枠が表示される不具合が報告されています。地図をご覧になりたい場合は、お手数ですが、上記「全画面で見る」のテキストリンクをクリックしてください。

パワースポット 豊川稲荷妙厳寺のDATA集

住所
〒442-0033 愛知県豊川市豊川町1
TEL
0533-85-2030(豊川稲荷妙厳寺)
ホームページ
公式ホームページ「LinkIcon豊川稲荷妙厳寺
最寄り駅
JR飯田線「豊川駅」
アクセス
公共交通…JR飯田線「豊川駅」下車、徒歩3分
自動車…東名高速道路豊川ICより5分
駐車場
あり
本尊
千手観音
主な御利益
開運/商売繁盛/家内安全
オススメしている有名人
(情報募集中)
略史
嘉吉元年(1441年)…曹洞宗法王派の東海義易によって創建
室町時代末期…今川義元が伽藍を整備
元禄年間まで…円福ヶ丘という高台から現在地に移転
江戸時代…大岡越前守や渡辺崋山からの信仰を受け、立身出世や盗難避けの神として江戸の庶民からも信仰されるようになる
文政11年(1828年)…大岡邸の一角に江戸参詣所(後の東京別院)が創建
1871年(明治4年)…神仏分離令に基づき、神仏区別の厳しい取り調べ
1872年(明治5年)…稲荷堂をそのまま寺院鎮守として祀ることが認められるが、境内の参道に立ち並んでいた鳥居は撤去。「豊川稲荷」「豊川大明神」の呼称も使われなくなり、以降は「豊川吒枳尼真天」と号するようになる。
※だだし、間もなく通称として「豊川稲荷」と呼ぶことは復活する
戦後…現在の鳥居が復興される

「豊川稲荷妙厳寺」youtube



愛知県のパワースポット 掲載地一覧

50音順

LinkIcon熱田神宮LinkIcon大縣神社LinkIcon砥鹿神社LinkIcon豊川稲荷妙厳寺LinkIcon東山動植物園LinkIcon鳳来寺

今後の掲載予定:

パワースポットの投稿やパワスポのレポートなどはこちらパワースポットの投稿やパワスポのレポートなどはこちら


更新情報

※2012年4月〜/リニューアルを前提として、パワースポットの情報をデータベース「LinkIcon日本のパワースポットリスト(当URL内での引越)」に移動or新設中です。ご不便をお掛けしますが、さらなる見やすさと情報量アップを目指しております。乞うご期待ください☆

2012.03.01
2012.02.28
2012.02.28
2012.02.27
2012.02.13

今日もみなさまに素晴らしい幸せが訪れますように。